ネット署名によるキャンペーン

他人の立ち上げたキャンペーンですが,非常に重要な取り組みと感じ紹介させていただきます。
親子断絶防止法が成立すれば,離婚の際の面会交流や養育費の取り決めには,今後そのような風潮に徐々になっていくかもしれません。

しかしながら既存の刑法224条がないがしろにされたり,民法766条の改正がないがしろにされていることからも,議員立法による理念法では,共同親権下における同居親の地位を独占する為の実子誘拐は無くならないと感じています。

既存法の運用については,諦めずに告訴告発し続けたり,苦情通報したりし続けることも非常に重要ですが,同時に刑法第224条を補完する特別法として実子誘拐罪を策定する運動も起こして行かなくてはならないことを気づかされました。

ネット署名で,一定数の目標達成毎に署名とその内容が相手にメールで送付される仕組みで

す。


裁判所が機能していない問題です。立法を待たずに非行な裁判官を罷免しましょう!


片親を欺いて子を連れ去ることを警察は容認し続けてはいけませんよ。というキャンペーン。

親でも子を連れ去ってはいけませんよ。という法律を制定しましょう!というキャンペーン。

不法な連れ去りによる親子断絶を防止しする理念法を制定後,共同親権へ向かいましょう!
というキャンペーン。

日本に限らず子の拐取による虐待と親の疎外を無くしましょうというキャンペーン。

過去を取り戻す未来を創る

愛する息子と暮らしていた日常を取り戻したい一人の父親として 配偶者による子の連れ去り問題を解決したい一市民として

0コメント

  • 1000 / 1000